わきが手術のコンビネーション法について

わきが手術のコンビネーション法とは、クイック法と剪除(せんじょ)法を
合わせたわきが手術法です。

 

わきがであることを人から指摘されてしまったり、自分でもにおいが
わかるくらいわきがの症状がきつい人に向いている手術法です。

 

コンビネーション法では、術前よりも明らかに汗の量が減るというメリットも
あるので、わきがと同時に多汗症の人にも向いていると言われています。

 

手術の流れですが、まず、わきがの症状が軽い人に行うクイック法と、
わきがの症状が強い人に行うせんじょ法を組み合わせて行うことに
なります。まずは細いカニューレを使って、アポクリン線を吸いだしてから、
メスで汗腺を取っていきます。

 

わきがのコンビネーション法を受けた後は、腕はなるべく動かさない
ようにしければいけませんから、とくに激しいスポーツなどは
避ける必要があります。

 

このページの先頭へ戻る